横浜の霊園と法要の費用について考える

民間霊園から公営霊園など、たくさんの墓地があります。横浜市は神奈川県の県庁所在地でもあり、幕末以降、外国資本が積極的に進出してきた街並です。近代の日本において有数の外資力を担いました。 約200年前の明治時代には、たくさんの外国人や外国企業の進出により、外国人居留地なども出来ました。また港での貿易も栄え、都市基盤の整備と商業の発展に大きく影響を与えました。外国人との大きなつながりから、外人墓地が発達し、周りにはたくさんの教会などもあり、日曜礼拝などで賑わっています。 海外の人などの居住となっている場所柄、葬儀などを営む場合、独自の国家のやり方がで執り行われる場合が多くあります。なので、簡素化した方法を取り入れ、日本とはまた違った文化の生活スタイルが主なようです。

人気の横浜の霊園場所や内容について

民間は、立地場所も良く様々なサービスをセットにして、亡き人の眠る場所を作り上げています。休憩所やペットなどもお参りできるよう、無理のない設計とされています。 永代供養の充実と高齢化社会による車いすでの移動も便利になり、四季折々の景観の良い場所に位置されています。納骨堂は、新しい形のお墓をイメージし、現代ならではの趣を凝らしています。場所もバスや電車など交通の便も良く、いつでもお参りできるシステムが嬉しい限りです。 法要の場合の家族葬は、価格も大変リーズナブルで安心価格と設定されているところも中には見られます。市民葬や区民葬など、一部の自治体の補助などが受けられるケースもあり、とても好意的な心情を察知してもらえるシステムが、有難い存在でもあります。

横浜の法要の費用の相場について

葬儀についてですが、一般的には2、300万円が相場のようですが、ここ最近は核家族化の影響を受け、家族葬での営みが増えてきました。その為、リーズナブルな費用での取り計らいが多くなり、以前のような高額での法要は減ってきているのが現状でもあります。 行う費用は、祭壇料や人件費、寝官や火葬費などがセットになり請求されます。主に民営の葬儀会場が多く、規模などによって価格の上下が異なる場合があります。飲食費や宗教関係者へのお布施などの費用も換算され、各々の葬儀の内容によっても格差が見られます。最近では、ネットからのお葬式を申し込めるサービスが増加傾向にあり、葬儀を簡略化した内容が人気を集めています 核家族化により葬儀に携わる人数も減少傾向を示し、家族葬での取り計らいが増えてきました。時代と共に法要の行い方も変化を見せ、姿形にとらわれない独自の方法を見出す人たちが多い世の中になってきています。現役を退いて亡くなった人の場合、世間体や社会との関係もこだわらなくなり、質素に法要を営む家が多くなりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加