横浜の霊園で注目される一般的な料金相場

横浜エリアの霊園は、都心部からのアクセスが良好な上、海や山の景観に恵まれた施設が多いことから、東京の人からも熱望されるほどとなっています。そのため、首都圏で顕著な墓地不足問題が最も深刻化している地域でもあり、既存施設の墓所区画拡張工事や、新規施設の造成計画なども進められています。
都市部では、主要駅から徒歩圏内に都市型納骨堂が設けられるなど、墓地不足解消に向けた動きも顕著になっています。市民しか応募できない公営施設以外、新規オープンが予定されている民営施設には他エリアの人々からも熱い視線が注がれており、料金の相場についても熱く注目されています。
前評判の高い新規オープン予定の施設などでは、見学会に参加して、あらかじめ希望する区画を見極めてからのほうが、実際にかかる正確な額を把握しやすくなります。

埋葬形式によっても変わる料金相場

家族葬など葬儀のコンパクト化が一般的になるとともに、埋葬や供養への考え方も近年大きく変わって来ています。個別の墓所を持たないという考え方の人が増えて来たことで、合祀形式の永代供養墓や、樹木葬・海洋葬などの自然葬、都市型納骨堂の利用など、ここ数年で一気に選択肢が増えた感があります。
そういった形式は従来型の墓所よりも費用がかなり抑えられるという点が魅力となっており、人気の霊園施設においても、従来型の個別の墓所区画を選ぶのか、合祀形式の墓所を選ぶのかで、費用に大きな違いが出てきます。
埋葬形式はその後の遺族の墓参や、子々孫々にもかかわる維持管理費用のことも含め、長期的な視野で精査して最も適した墓所を選ぶことが、これまで以上に重要視される時代となっています。

東京に次いで多くの費用がかかる横浜

東京の人も注目する横浜の霊園だけに、一般的な墓所を持つことにかかる費用は東京都に次いで高いものとなっています。お墓にかかる費用は、墓所の土地にかかる永代使用料と墓石の費用となりますが、永代使用料のほうは、公営・民営の施設によって少なからぬ差があり、同じ施設でも場所によって大きく違っていることもあります。
神奈川県では数年前の平均額で80万円ほど、墓石の費用もデザインによる違いもありますが平均142万円ほどとなっています。一般的な墓所の場合、平均して200万円以上はかかると考えておくほうが無難と言えます。
海や山の景観に恵まれ、富士山も望める風光明媚な墓所エリアが多い上、バリアフリー化が進んでいる施設も多く、費用がかかってもこの地に墓所を持ちたいと、多くの人から望まれています。

お墓のデザインにこだわりたいなら新デザインのものをご用意できます。 当社の強みは、お客様の希望に合わせ静かで安らぎの時を過ごす事の出来る空間探しのお手伝いをさせて頂いている事です。 これまで積み重ねた経験・信頼を元に皆様に自信を持って霊園をご紹介させて頂きます。 霊園選びのプロとして、お客様が気づかない潜在ニーズも考慮して霊園をご案内します。 横浜の霊園をお探しの方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加